緊急特別シンポジウム「COVID-19とICT、知る・考える・付き合う」

Description
一般社団法人ITヘルスケア学会 緊急特別シンポジウム
「COVID-19とICT、知る・考える・付き合う」

【開催要項】
日 時:2020年7月26日(日)13:00-16:30
会 場:オンラインで開催
主 催:ITヘルスケア学会 移動体通信端末の医療応用に関する分科会
参加費:学会員 無料、一般 1,000円

【開催趣旨】
 新型コロナウイルス感染症が世界中に蔓延するなかで、わが国における医療の在り方が大きく変化しています。感染拡大を防止するために医療提供体制の見直しが行われ、またオンライン診療の時限的・特例的な取扱いも行われ、今後医療分野にICTをより有効に、そして戦略的に活用していく知見が求められていきます。
 こうした中で、私どもITヘルスケア学会・移動体通信端末の医療応用に関する分科会では、2019年11月にオンライン診療、オンライン健康管理の国内外最新動向をテーマとして企画した「モバイルヘルスシンポジウム2019」を東京大学にて開催し、オンライン診療をめぐる指針について政策提案の取りまとめまで行いました。オンライン診療をめぐる規制の緩和にはまだまだ時間をかけて議論していく必要性を感じていた中で、新型コロナウイルス感染症の蔓延を契機に、医療の現場においてICTの様々な活用が迫られることとなりました。
 そこで今回は、新型コロナウイルス感染症が医療や介護の現場にどのような状況を引き起こしているのかを、最前線でご活躍されている各位からご報告いただきます。そして散在する課題を明らかにしていき、パネルディスカッションではICTによってどのように解決させることが可能なのかを議論してまいりたいと考えています。また、私どもは2020年9月に「モバイルヘルスシンポジウム2020」の開催を計画していますが、今回の緊急特別シンポジウムでの議論も踏まえプログラムに反映させていく所存です。
 ここに医療、介護業界とICT業界の皆さまが共に情報を共有し、社会課題に対して闊達な議論できる場になることを期待いたします。

【プログラム】
総合司会:木暮 祐一、髙瀬 義昌

13:00-13:05
オープニングリマークス:磯部 陽(一般社団法人ITヘルスケア学会 代表理事)

13:05-
緊急特別シンポジウム「COVID-19 とICT、知る・考える・付き合う」
座 長:黒木 春郎(医療法人社団嗣業の会 理事長/外房こどもクリニック 院長)

13:10-13:25
話題提供1:COVID-19診療の現場から
三村 一行(埼玉医科大学医学部総合医療センター総合診療内科 助教)

13:25-13:40
話題提供2:疫学統計の立場から
五十嵐 中(横浜市立大学医学群健康社会医学ユニット 准教授/東京大学大学院薬学系研究科 医薬政策学 客員准教授)

13:40-13:55
話題提供3:在宅医療の現場から
佐々木 淳(医療法人社団悠翔会 理事長)

13:55-14:10
話題提供4:COVID−19と向き合う介護現場 ~感染予防と事業継続のあり方~
小林 司(株式会社らいふホールディングス 取締役/株式会社らいふ 取締役)

14:10-14:25
話題提供5:COVID−19に伴うクリニックでのオンライン診療の実際
宮田 俊男(医療法人DEN 理事長/みいクリニック代々木院長/大阪大学医学系研究科 招聘教授/国立がん研究センター 企画戦略アドバイザー/厚生労働省 参与)

 休 憩

14:50-16:15
パネルディスカッション:COVID−19にICTでどう立ち向かうか?
モデレータ:黒木 春郎(外房こどもクリニック)
      髙瀬 義昌(たかせクリニック)

16:15-16:25
追加発言:これからに備える
青木 眞(サクラ精機 学術顧問/感染症コンサルタント)

16:25-16:30
クロージングリマークス:モバイルヘルスシンポジウムについて
木暮 祐一(ITヘルスケア学会 移動体通信端末の医療応用に関する分科会長)


【ご登壇者様プロフィール】

黒木 春郎 様
外房こどもクリニック 院長
東京都出身、1984年千葉大学医学部卒、同年小児科学教室。千葉大学医学部文部教官等を経て2005年、外房こどもクリニック開設、院長。2008年、医療法人社団嗣業の会、理事長。
◆学会主催
2018年 第28回日本外来小児科学会年次集会 会頭
2018年12月9日 第1回公開オンライン診療研究会(ベルサール飯田橋)
2019年7月28日 第2回公開オンライン診療研究会(東大伊藤謝恩ホール)
2019年12月8日 第3回公開オンライン診療研究会(東京国際フォーラム)
2020年6月7日 日本遠隔医療学会オンライン診療分科会第1回公開研究会(オンライン)


三村 一行 様
埼玉医科大学医学部 総合医療センター 総合診療内科 助教
医学博士(東邦大学)
日本内科学会総合内科専門医、日本呼吸器学会専門医、Infection Control Doctor、臨床研修指導医。
2006年3月 北海道大学医学部医学科 卒業
2020年3月 東邦大学医学部 微生物・感染症学講座 卒業
2006年4月 公立豊岡病院組合立 豊岡病院 初期研修医(兵庫県)
2008年4月 国立病院機構 姫路医療センター呼吸器内科(兵庫県)
2013年4月 関東労災病院 呼吸器内科・感染治療管理部(神奈川県)
2013年12月 東京都立荏原病院 感染症内科
2014年10月 東邦大学医学部 微生物・感染症学講座研究生 兼 東邦大学医療センター大森病院 感染管理部非常勤講師
2019年4月 埼玉医科大学総合医療センター 総合診療内科 助教 診療副部長兼教育主任


五十嵐 中 様
横浜市立大学医学群健康社会医学ユニット准教授/東京大学大学院薬学系研究科医薬政策学 客員准教授
2002年東京大学薬学部薬学科卒業. 2008年東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程修了. 専門は薬剤経済学. 医療経済ガイドラインの作成・個別の医療技術の費用対効果評価・QOL評価指標の構築など、 多方面から意思決定の助けとなるデータの構築を続けてきた。著書に、「医療統計わかりません (東京図書, 2010)」「わかってきたかも医療統計 (東京図書, 2012)」「薬剤経済わかりません (東京図書, 2014)」などがある。


佐々木 淳 様
医療法人社団悠翔会理事長・診療部長
1998年筑波大学医学専門学群卒業。社会福祉法人三井記念病院内科/消化器内科、東京大学医学部附属病院消化器内科等を経て、2006年MRCビルクリニック(在宅療養支援診療所)設立。2008年 医療法人社団悠翔会に法人化・理事長就任。現在、首都圏を中心に全15クリニックで、約5,000名の在宅患者さんへ24時間対応の在宅総合診療を展開している。近著は『これからの医療と介護のカタチ 超高齢社会を明るい未来にする10の提言』(日本医療企画、2016)、『在宅医療 多職種連携ハンドブック』(法研、2016)、『在宅医療カレッジー地域共生社会を支える多職種の学び21講』(医学書院、2018)など。


小林 司 様
株式会社らいふホールディングス 取締役/株式会社らいふ 取締役
1982年 小樽商科大学卒業。1982年安田火災海上保険(現:損保ジャパン日本興亜)入社。2016年らいふホールディングス入社(兼)らいふ執行理事就任。17年らいふホールディングス取締役及びらいふ取締役就任(現職)。介護部門(施設・在宅)の事業責任者として入居率99.9%を達成し、地域高齢者の雇用促進に向け「パワフルスタッフ」制度を導入し、派遣社員ゼロを達成。2018年12月より認知症と医薬品適正使用の相関性に関し、東京大学・国際医療福祉大学と共同研究に取り組んでいる。また、両大学と医療法人社団至髙会たかせクリニック 髙瀬理事長と共に、転倒リスクとフットケアの共同研究にも取り組み、2020年7月より事業化をスタート。


宮田 俊男 様
医療法人DEN 理事長・みいクリニック代々木 院長/大阪大学医学系研究科 招聘教授/国立がん研究センター 企画戦略アドバイザー/厚生労働省 参与
早稲田大学理工学部で人工心臓に出会い、自ら患者さんに新しい医療を生み出すべく1999年、大阪大学医学部に3年次編入。2003年、大阪大学第一外科に入局。現場で新しい医療を生み出すためには制度改革が必要と痛感し、2009年、厚生労働省に入省し、多くの医療改革に関わる。大阪大学産学共創本部特任教授、京都大学産官学連携本部客員教授、国立がん研究センター政策室長、日本医療政策機構理事を歴任し、日本健康会議実行委員も務める。今も現役の外科医でもありながら、家庭医療を推進するため、みいクリニック院長として、地域医療を守るとともに企業の健康経営や、生活習慣病の重症化予防、オンライン診療、在宅医療にも取り組んでいる。また数万人がダウンロードしているセルフケアアプリ「健こんぱす」の考案者としても知られている。


青木 眞 様
サクラ精機 学術顧問
79年弘前大医学部卒。米国感染症内科専門医。沖縄県立中部病院、米国ケンタッキー大、聖路加国際病院感染症科、国立国際医療センターエイズ治療・研究開発センター医療情報室長を経て、2000年よりサクラ精機学術顧問、2011年より東京医科大学 臨床検査医学講座 客員教授兼務。フリーランスの感染症コンサルタントとして活躍している。著書に「レジデントのための感染症診療マニュアル」(医学書院)がある。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#636416 2020-06-25 02:47:06
More updates
Sun Jul 26, 2020
1:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
一般 ¥1,000
ITヘルスケア学会会員

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jul 25, 2020.

Organizer
一般社団法人ITヘルスケア学会
160 Followers
Attendees
81

[PR] Recommended information